MetLog

実は言及と称して言いたいことを言うだけ

趣味のWebデザイン
コスト意識だけで「常識」を選択してもよいが……
引用文中の(略)は、私。

極東ブログ: 母親毒殺未遂高一少女事件の印象

あんな事件ひとつでいちいちこんなことまで考えるのか、と思った。

(略)

別にそれってとくにどうのこうのというようなことなのかな、という感じ。

正直、そんなこと一つでいちいち書く事かなと思った。それをどうのこうのと書くようなことかな、という感じ。私だったら言わなくてもいいようなこと、書かなくてもいいことだと思った。

引用の大元、極東ブログでは死人が出た事件に対する内容だから、それなりに思うことはあるでしょう。それに興味が無いという立場もまたあるでしょう。しかしそこまでいちいち興味が無い意思表示を言われると私のブログなど立つ瀬がない。下らないガジェットが発売されたといっては写真付きでアップし、日常の自分のことだとか娘とどこに行っただとか、挙句の果ては今どこにいるとかマップにリンクしてみたりと、そんな話はあまりにどうでもよすぎることだ。10年前ならリソースの無駄とか情報資源の浪費だとか非難されたに違いないところですよ。

それにアレです。ネットでの発言というものは、何かちょっとした事を契機に、それに言及してるふりをして大抵は自分の言いたいことを言ってるにすぎませんからね。私のブログでも、「そういうオチを言いたいだけのためにニュース引用?」ということもあります(例:MetLog: MP3枕 ただし軍用 とか)し、それは私自身にかぎったことではなく、徳保さん自身の「備忘録」もそうでしょう。

ブログにはトラックバックがあるだとか双方向性がどうだとか言っても、所詮は一方的な言い放ち。引用して言及してみても、大抵はそれは会話ではないんですよね。言及元は契機にすぎなくて、それをもとに自分の意見表明をしてるだけなのだから、それこそミクロな事件から宇宙を語ることだってアリでしょう。

逆に、自分の言いたいことだけに偏って、相手とのやりとりが薄くなって議論などが難しいというケースも多くなってくるような場面も往々にしてありがちですね。

参考:私が共感したコラム、表現が上手くて分かりやすかった
column_INTERNET_013 議論になってない(011の付記)

ルートはこちら:
My Life as a Dog (ファンだったんですが最近更新がなくて寂しいところ)

…とまぁ、結局このエントリそのものも、言ってみれば人の発言を元に私の言いたいことを言ってるだけだったり。メタだ。アレですね、契機なんて何でも良いんじゃないでしょうか。それこそ林檎が落ちるくらいのことから人の思いつかないようなことに気がつけばそれは素晴らしいことではないかと。

蛇足:ニュートン林檎落ちから引力発見というのはガセだそうで

なんといいましょうかね。リアルであれネットであれ、自分の立場に置き換えたときに、何かを自分が言って「それって俺には興味がないから」などと返されると、かなりウザく感じるかムカつくだろうなと思います。反対意見ならまだ会話になるだろうし言いたくなる気持ちはわかるし意味もある。わざわざ名指しで登場した極東ブログさんには同情します。

コメント (2)

 あえて「殺人事件であっても関心を持てない」という一例として挙げたんですね。finalvent さんなら、個別の記事についてはとくに関心がなくとも、平均打率に期待して毎日読みにきている読者の存在について自覚的だろうから、私の記事にショックを受けることはない可能性が高い、といった読みもあって、極東ブログの記事を題材にしました。
 ところで「column_INTERNET_013 議論になってない」のリンク先が変みたいです。

ご指摘ありがとうございます。直しておきました。

たしかにfinalventさんは、あの驚異的なペースで濃い内容ですから、全然気にしないのかもしれません。

まったく、あのように濃い密度でブログを続けていける人というのは、人生そのものの濃度さえ違うのではと思うこともあります。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)