MetLog

宇宙食ラーメン「スペースラム」、日清食品が公開

OSK200507270033.jpg

asahi.com: 宇宙食ラーメン「スペースラム」、日清食品が公開

米スペースシャトル・ディスカバリーでは、野口聡一さんの特別メニューに宇宙食ラーメン「スペースラム」が採用された。開発した日清食品が27日午前、同社の「インスタントラーメン発明記念館」(大阪府池田市)でその実物を報道陣に公開した。
しょうゆ味やみそ味など4種類。ただ、市販の予定はないという。

数量限定でも高価であってもこれは発売すべきでしょう。

ちなみに写真のアヤシイ人は同社の創業者で、世界初の即席めん「チキンラーメン」の開発者である安藤百福氏(95)だそうだ。

日清の創業社長にしてチキンラーメンの開発者!怪しいけれどスゴイ人です。しかも95歳!元気そうでなによりです。名前も百福と目出度いので、まだまだこれからもご健在でいらっしゃることだと思います。これでまた日清、特にカップヌードル、とりわけカレーヌードルが好きになりました。(←あんまり関係なくてスマン)

コメント (8)

宇宙アイス食べたことありますよ。固形で、食べるとアイスクリームの味がするの。(冷たくはない。)

そっちはあんまり食べたくないな。アイスは冷たくないとね。

つじ:

この社長さんは、何十年も前に流れた「インスタントラーメンを食べると早死にする」という噂に対抗すべく毎日インスタントラーメンを食べると決め、今でも毎日食べているのだとか。(ただし、今では食が細くなったので、せいぜいお椀いっぱい分だそうです)

いやもう、毎日食べて95歳なら充分でしょう。にしてもすごい人だな…

とくがわ:

まだ生きてたんだ安藤さん…すげー。
インスタントラーメンを含めてバランスの取れた
食生活をおくればそんなに悪くないもんじゃない
のではと思うんですが。

バランス取れた食生活をおくってないから
ダメなんじゃないでしょうか。
(なんかこれだと日清の回し者みたいだな。)

しかしスペースラム、何が何でも食いたい。
スペースラムオフとかしたいです。

そうですね。要はバランスですよね。
マクドナルドで太る映画がありましたが、マクドナルドでダイエットという人もいるようです。あそこはかなり詳細なカロリーや成分表示をしてますから、むしろダイエットに利用しやすいと私も思います。

それにしてもスペースラム、製品化して欲しいですね~

つじ:

マクドナルドのハンバーガーのカロリーは、普通のヤツで250kcal、マヨネーズたっぷりで特に高カロリーのてりやきマックバーガーが、その2倍。油で揚げているマックフライポテトでも、Sサイズなら230kcal(Lサイズで530kcal)。あ、これは、日本のマクドナルドのサイトで見た数字なので、アメリカはどうかしりません。例のハンバーガを食べ続けたドキュメンタリー映画『スーパーサイズ・ミー』の人は、「お店のカウンターで一緒に勧められたものは、全部注文する」「メニューにあるものは一通り注文していく」「残さず食べる」「一日3食マクドナルド」という過酷なルールで実験に臨んでいます。

インスタントラーメンは、1食分でせいぜい500kcal。コンビニ弁当は、800から1000kcalくらい。

人間がただ生きているだけで必要になるエネルギー:基礎代謝量は、年齢とともに減りますが、男性の場合50歳にになってもまだ1日あたり1400kcalくらいは必要。なので、ラーメンやハンバーガーを食べても、*分量が適切なら* 問題はないはず・・・ なんですけどねぇ。

おそらく、人工的イメージを悪く思う人が多いんじゃないですかね。

人工的だから体に良いはずはなく、工場で見えないところで作ってるからきっとひどいことになってるに違いなく、天然自然の泥の中で作られたから美味しいという理屈(美味しんぼメソッド)がハバをきかせたり…感覚に訴えやすいみたいですね。

その感覚が、絶対に間違ってる、とも限らないかもしれないけども、それらに関わって努力した人は報われないよなぁ…

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)