日々の生活

今、石膏デッサンは必要か。

いつもの画材屋さん(朋友堂カマタさん)でふと面白そうな本があったので手にとってパラパラ見てみるとなかなかおもしろそうで、ついつい見てました。色々懐かしい。

お店の方に「ご自由にどうぞ」と声をかけられ気がつくと、そのとおり「ご自由にお持ちください」のワゴンにおいてありました。少しくたびれてますがなかなか立派な本。12月号だから去年の12月かな。もらって帰りました。

去年の12月号かと思ったら2005年の号でした。フリーワゴンとはいえ何故?

内容はとても面白く、会田誠氏のインタビューは、同世代ということもあって、一つ一つが懐かしくうなずく話でした。ただ「僕(会田氏)の翌年は久しぶりに試験に石膏が出て受験生がおたついた」という発言がありましたがこれは会田氏の記憶違い。なぜなら彼の翌年は自分が受験して、石膏ではなかったから間違いありません。

その後、私が芸大の試験官をやったときに大量の石膏を見た記憶があるので、「久しぶりに芸大の試験に石膏が出た」というのは事実ですがもう少しあとの話です。

それから野見山暁治先生のインタビュー。野見山先生は、それまで芸大の入試問題は石膏デッサンだったのを、石膏を排除し、試験制度を改革した教授としてあとあとまで語り継がれ、その話だけは知ってる人は多いと思いますが、それに至るまでの経緯や心情が直接語られててとてもおもしろい。さらに、石膏をやめて花を描かせたらお金がかかって周りからうるさく言われた話であるとかもなるほどな話。助手や出題官として大沼映夫先生、中林忠良先生と懐かしい名前が出てくるのも個人的に楽しい話でした。

著名な画家の石膏像も多く収録されていて、島田章三、村上隆、小松崎邦雄、黒田清輝、佐伯祐三、有元利夫の石膏像が。ちょっと笑ってしまいました。意外と皆真面目に描いているもんだなと。

村上隆氏の石膏デッサン。意外と真面目

実は「美術の窓」って買ったこと無かったかもしれません。今回も買っていませんが。学生の頃は美術誌と言えばまず「美術手帖(BT)」たまに「芸術新潮」気になる号があれば古い「みづゑ」なんて感じでしたが「美術の窓」も良いかもしれないですね。ちょっと気にしてみます。

教室,水彩画

本日は、午前中こどもリモート教室に続き、午後は大人教室の予定でした。が、大人教室のAさんの体調が優れず、連絡の結果、リモート教室ということになりました。内容は、講師デモ。Aさんの撮影された写真を元に描きすすめるというものです。

一枚目は花巻市にある"A Resting Man"という彫刻。雪景色の元の写真がすばらしく詩情のあるもので、とても写真も上手く、水彩画にする上で大きく変える必要のないものでしたが、いくつか省略してみました。背景の描き込みを省いてみましたがやや省きすぎでした。

休む人の彫刻

短時間で進めたため、もう一枚追加でデモ。こちらは逆に時間不足。描き込みきれないままでしたが雰囲気は伝わるでしょうか?

エジプトの市

レシーバをつけて解説しながら描くのはなかなか大変なものですね。自分としては満足度は今ひとつの出来でしょうか。それでも何か参考になるものが見つかれば幸いです。

教室

子ども教室初回となりましたが…

本日から新しい子ども教室の受講生に来て頂きました。

かわいい受講生は5歳のお嬢様、準備をしてお待ちしてました。

初対面、お一人様…ということで、やや予感はしていたのですが、緊張されてしまって描くどころではなくそうそうに終了となりました…お母様も一緒におられたので、多少は緊張もやわらぐのでは?と思ってましたが、無理して描いても仕方ないですし、お友達とお誘い合わせの上また次回、ということとなりました。

子ども向けに楽しい課題や仕組みについてはまだまだ考えないといけないですね。

日々の制作

「美術の祭典・東京展」の中止という残念なお知らせが届きました。仕方ありませんね。

非常に残念

例年参加の予定でしたが、今年は中止です。去年も台風で会期短縮、肝心の土曜日曜がつぶれるという残念さで、昨年に続きなんとも恵まれません。都立美術館に展示させていただく機会が勿体ないですね。

では出品が無くてガッカリしてるかというとそうではなく、他の出品準備と、それ以外にも絵画教室、イラストレーション、挿絵等依頼があればなんでもやっていて、充実した制作状況です。

プライベートギャラリーもアトリエ化してエリア拡充、100号を何点か製作中。

作品は秘密です。というより製作中は見せられません(冷や汗)

日々の制作,水彩画

自宅ギャラリー

今回の個展はこれまで以上に力の入った作品が多く、点数も多かったのですがやはり来れない状況の方も多く、その点はとても残念でした。

なので、一室をちょっとしたギャラリー風に絵を並べてみました。部屋が暗く、置ける点数も少ないのですが、そこは自宅なので好きに移動したり入れ替えたりできるというメリットもあります。ご興味のある方はぜひご連絡ください。といっても、個展から追加になる作品はまだありません。随時入れ替えます。

ご観覧ご希望の方は、要予約です。ふだんは散らかってますので(笑)